奈良県の帰化申請をサポートいたします。奈良県大和郡山市の女性行政書士です。大和郡山市・奈良市・生駒市・天理市・大和高田市・橿原市・斑鳩町等奈良県全域に対応。

短期滞在

短期滞在

短期滞在

短期滞在を目的とする場合

  • 観光、商用、知人・親族訪問等90日以内の滞在で報酬を得る活動をしない場合
    • 短期滞在として行う地祇のような者として活動が該当します。
      • 観光、娯楽、通過の目的で滞在する者
      • 保養、病気治療の目的で滞在する者
      • 競技会、コンテスト等に参加する者
      • 友人、知人、親族等を訪問する者、親善訪問者、冠婚葬祭等に出席する者
      • 見学、視察等の目的で滞在するもの。
          (例えば工場等の見学、見本市等の視察を行おうとする者)
      • 教育機関、企業等の行う講習、説明会等に参加する者
      • 報酬を受けないで講義、講演等をする者
      • 会議その他の会合に参加するもの
      • 日本に出張して業務連絡、商談、契約調印、アフターサービス、宣伝、市場調査その他のいわゆる短期滞在の活動を行う者
      • 日本の大学等の受験または外国法事事務弁護士となるため滞在する者
      • その他日本において収入を伴う事業を運営し又は報酬を得る活動をすることなく短期滞在をする者

短期滞在の査証申請手続

1.招へい人及び身元保証人の方は、査証申請に先立ち、日本国内において(等サイトの各国籍別を参照してください。)
(日本側で準備するもの)を準備して下さい。

短期滞在

2.上記書類の準備が整いましたら、その書類を査証申請人に送付して下さい(外務省や日本大使館/総領事館には送付しないで下さい)。なお、別途書類のコピーを取っておくことをお勧めします。

短期滞在

3.査証申請人は、下記の査証申請人の用意する「基本書類」に加え、①旅券以外の本人を確認できる書類、及び②補足資料を準備する必要があります。

①本人確認書類の例:出生証明書、身分証明書(ID)の写し、運転免許証の写し等
②補足資料の例:居住証明書、婚姻証明書、履歴書等
本人確認書類や補足資料は、現地事情や渡航目的により異なりますので、事前に査証申請人の居住地を管轄する日本大使館/総領事館へ直接にお問い合わせ下さい。
なお、一部の日本大使館/総領事館では、これらの必要書類について各公館のホームページ(在外公館 WebPage)から確認することができます。
短期滞在

4.これらの書類が揃いましたら、査証申請人の方は、居住地を管轄する日本大使館/総領事館へ全ての書類を提出して査証申請を行って下さい(日本国内では申請できません)。

各提出書類は、発行後3ヶ月以内(有効期間の記載がある書類は有効期間内)のものを提出して下さい。なお、申請時に提出した書類は、旅券を除き返却できません。
法務省HPより

トップへ

HPトップへ

a:2074 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional