奈良県の帰化申請をサポートいたします。奈良県大和郡山市の女性行政書士です。大和郡山市・奈良市・生駒市・天理市・大和高田市・橿原市・斑鳩町等奈良県全域に対応。

在日外国人と子ども手当Q&A

中田典子行政書士事務所

住所 〒639-1042奈良県大和郡山市小泉町2104-16

Tel&FAX 0743-53-5601

携帯 080-3778-8553

ご相談・お問い合わせメール

営業時間 9時~20時(年末年始・お盆休み)

お急ぎの場合は、上記営業時間に係らず、お電話にてお気軽にお問合せください。

在日外国人と子ども手当Q&A

子ども手当

子ども手当は在日外国人の子どもが海外に居住する場合にも支給されるのですか。

  • 児童手当では、過去30年間にわたり、日本人の海外に居住する子どもと同様、在日外国人の子どもが海外に居住する場合にも支給されておりました。
  • 平成22年度の子ども手当においては、その支給要件を踏襲しましたが、その確認の厳格化を図りました。
  • また、平成23年度以降の子ども手当については、子どもにも日本国内居住要件を課すことを検討します。

児童手当制度においては、1981年の「難民の地位に関する条約」の加入に当たり、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」の趣旨も踏まえ、他の国内関係法と同様、国籍要件を撤廃しました。それ以来、国籍にかかわらず、親等が日本国内に居住している場合には、その子について監護が行われ、かつ、生計を同じくしているという支給要件に該当するときは、その子が国外に居住していても、支給対象となっています。

平成22年度の子ども手当については、このように1981年以来約30年間にわたり実施してきた児童手当の支給事務の仕組みを踏襲して実施することとしていますが、子どもが国外に居住する場合については、支給要件の確認の厳格化など、地方公共団体と連携を図り、以下のような運用面での強化を図っています。

  • ①少なくとも年2回以上子どもと面会が行われていること。
  • ②親と子どもの間で生活費、学資金等の送金が概ね4ヶ月に1度は継続的に行われていること。
  • ③来日前は親と子どもが同居していたことを居住証明書等により確認すること。
  • ④これらの支給要件への適合性を判断するために、提出を求める証明書類について統一化。
  • ⑤日本国内に居住している翻訳者による日本語の翻訳書の添付を求め、その者の署名、押印及び連絡先の記載を求めること。
    ・ なお、国外に居住している子どもに手当が支給されることについては、平成23年度に向けた制度の検討の中で、支給対象となる子どもに日本国内居住要件を課すことを検討します。

子どもに日本国内居住要件を課した場合、今まで児童手当が支給されていた日本人の海外に居住している子どもが支給対象から外れ、不利益変更となることから、平成22年度については、児童手当の支給事務の仕組みを踏襲し、要件確認の厳格化を図ることとしました。
平成23年度以降の子ども手当については、子どもにも日本国内居住要件を課すことを検討します。
子ども手当

母国で50人の孤児と養子縁組を行った外国人にも子ども手当は支給されますか。

  • 母国で50人の孤児と養子縁組を行った外国人については、支給要件を満たしませんので、子ども手当は支給されません。

子ども手当については、児童手当の場合と同様に、父又は母が子どもを監護し、かつ生計を同じくすること等が支給要件となっており、支給要件に該当することについて個別に市町村の認定を受ける必要があります。

「監護」とは、養育者が子どもの生活について通常必要とされる監督や保護を行っていると、社会通念上考えられる主観的意思と客観的事実が認められることとなっており、養育者と子どもの間で定期的に面接、連絡が行われている必要があります。

また、「生計を同じくする」とは、子どもと親の間に生活の一体性があるということです。基本的には子どもと親が同居していることで認められます。

しかしながら、勤務、修学等の事情により子どもと親が別居する場合には、従前は同居しているという事案が確認できるとともに、生活費等の送金が継続的に行われ、別居の事由が消滅したときは再び同居すると認められる必要があります。

子ども手当の実施に当たっては、このような支給要件について確認を厳格化するなど、運用面の強化を図ることとしました。上記の支給要件に照らせば、ご指摘のような事案については、支給要件を満たしません。

厚生労働省HPより
トップヘ

a:3520 t:1 y:0

powered by HAIK 7.0.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional